2017年1月21日

薬価差益を最大化するために薬品ごとに発注卸を決める方法

社長直々の命を受けて医薬品ごとに発注先卸の登録を見直すことになりました。その作業量は膨大で2000品目以上の薬を一つずつ見直さなければならないのです。

総価取引のところは、関係ないけどうちみたいな弱小薬局は単品単価取引だからね。こういうめんどくさいことが必要になってくるんです。

さて、単品単価契約のみなさんは発注先ってどのように決めてますか?

できるだけ安く卸してくれるとこで頼みたいのはもちろんだけど、新しく注文する薬が出るたびに、各卸に価格問い合わせて安いとこ選ぶ方法はあまり現実的ではないですよね?超めんどくさいです。

もしかして、テキトーですか?

それとも全医薬品の価格表もっていますか?

うちはいつもはメーカーで縦割りです。このメーカーの品物はこの卸さんに頼むみたいな感じで大まかなルールがあります。

でも、決まってないメーカーとかも多くてそれはいつもテキトー。ひいきにしている担当者さんに頼みますよね。

だけど、やっぱり医薬品って高いからテキトーなのは会社的によくないわけです。実は、問屋さんごとに価格ってまちまちで医薬品毎にバラツキがかなりあります。もし全ての品目で最安の問屋を選択することができれば0.5%くらい薬剤原価を削減できるんじゃないの?ってのが今回の作戦です。

最近はジェネリックの普及が著しくって薬価差益が大きくなっています。先発品はよくて15とかだけど、ジェネリックは50とか平気でいきます。総価契約はジェネリックを含めての総価だから、ここまでGEが普及したら単品単価取引の方が薬価差とれる気がするのは私だけ?総価で20%とっても単価で上手に割り振れば20%以上いけるとみた(根拠はない)。

さてさて、話がそれましたが今回のテーマは、発注先を最適化することです。もし最適化によって薬価差益0.5%UPできたとしたら月に500万円ぶんの医薬品を購入で2万5000円の利益UPにつながります。

そういうわけで今回は発注の精度を高めるために一品目ずつ比較してパソコンに発注先を登録していきます。

この作業を想像できます?超大変ですよね。

3卸あれば3冊の価格表を見比べて一番安いのを探します。それが2000品目あれば同じことを2000回繰り返します。

1品目の確認を1分でやったとしても2000品目確認するのに33時間もかかってしまいます。この途方もない作業量のせいで発注先を最適化できていない店舗は多いとおもいます。

実は、ちょっとした工夫で意外と簡単にでき方法があるので、それを紹介したいと思います。みなさんも試してみると0.5%くらい薬剤原価削減できるかもしれないですよ。

パソコンでまとめの表を作成する


そもそも、この作業は人力でやるべき作業ではないと思うんですよ。こういう数字を比較するだけの単純な作業はいかにもパソコンが得意そうな作業じゃないですか?

もしパソコンで自動で比較できたら一瞬だと思いませんか?そのためにはまず、印刷された価格表を捨てることから始めます。

もう、いまどき紙媒体なんていらないんです。卸さんから受け取った価格表ってそもそもエクセルデータを印刷したものだから、元データの方をもらえばパソコンで比較処理ができます。

比較の方法


①レセコンから採用品目のJANコードを全てCSVデータにして出力します

②出力したCSVデータを各卸にメールで送り「JANコード + 商品名 + 値引率」を記載してもらう

③3つの卸から提出してもらったデータをエクセル関数を駆使して1つのリストにまとめる

表のイメージは下記の通りで、一つのシートに3つの卸の価格を並列すると見やすいですよね。さらに一番安い卸を個別で表示したらもっと見やすくなると思います。

すべてはJANコードと結びつけて比較していくので、卸に提出を求めるときは必ずJANコードを記載してもらいましょう。

JANコード 商品名 A社 B社 C社 最大値引率*2 発注先*3
4911111111 アムロシン 11*1 10 12 12 C社
4911111112 クラリン 10 12 9 12 B社
4911111113 シスロマック 10 9 8 10 A社
*1:JANコードを主キーにしてVLOOKUP関数で別シートから値引率を参照する
*2:MAX関数を使用して最大の値引率を表示する
*3:IF関数を使用して最大値引率と一致する卸の社名を表示する

使う関数はVLOOKUP関数、IF関数、MAX関数だけなのでエクセルになれている人であればデータがそろってさえいれば30分ほどで作れると思います。

この方法は調剤レセコンに採用薬のJANコードを出力する機能とEXCELさえあればほぼノーコストでできます。価格表の効果は全店で行えばその効果は絶大です。

もし私であればもうちょっとだけ手を加えます。

まず検索機能は持たせたいところですよね。

薬品名で検索できる機能とJANコードで検索できる機能とで両方つけます。しかもJANコードの方は発注のときに使うバーコードのスキャナーで「ピッ」とすると値引率と発注卸が表示されるというスグレモノです。これもVLOOKUP関数だけでできると思います。

ここまでやると発注するときに「ピッ」とするだけで簡単に価格を比較できるようになります。

おまけ

もう少し踏み込んで楽をしてみよう


まとめの表を作ることでずいぶん業務改善になりましたが、もうすこし踏み込みます。

改革前に、すでに決めている発注先があると思いますが、今回の作業では、それよりも安くなるものだけを変更しますよね。

だから、事前に登録した発注先と変更があったものだけをリストにすれば、変更しなくていいものを確認する手間が省けます。

これは調剤レセコンによってはできないメーカーもあるかもしれません。もし可能なら医薬品ごとに登録された発注先をCSVに出力します。

VLOOKUP関数つかってJANコードと組み合わせればさっきのリストに従来の発注先の列を新たに追加できる。

JANコード 商品名 A社 B社 C社 最大値引率 発注先 元発注先 変更の有無
4911111111 アムロシン 11 10 12 12 C社 A社 あり
4911111112 クラリン 10 12 9 12 B社 B社 なし
4911111113 シスロマック 10 9 8 10 A社 A社 なし

IF関数つかって発注先と元発注先を比較して変更の有無の列を設ければその列でフィルターかけて完了ですね。

この表を作成するのに1時間位ですが、あくまでも表ができただけですね。その表をレセコンに入力してすべての医薬品の発注先を変更するのにもう1時間です。

合計2時間の作業で今後絶大な効果を示してくれるだろうと思います。レセコンにCSVをインポートできる機能があればもっと早く終わる。

とりあえず、自店舗だけやったけど、こんどは他店舗にもお願いされてるんですよね。器用貧乏ってこのことなんだなぁ。

総価取引と単品単価取引について


総価取引とは
単品ごとに仕入れ値を決めるのではなく、医療機関が購入する全品目を薬価基準で算出した上で、「ひと山いくら」で割引率と取引価格を決めるやり方を指す。総価で交渉し総価で見合うよう個々の単価を卸の判断により設定する契約(単品総価契約)または個々の単価を薬価一律値引きで設定する契約(全品総価契約)がある。

単品単価取引とは
銘柄別薬価制度の趣旨を踏まえ、文字通り、薬の品目ごとに購入価格を決める取引を指す。

医薬品には一つひとつ適正な価格があるはずなんだけど、総価取引にしてしまうと単品毎の適正価格がわかりづらくなってしまう。薬価というのは国が決める公定価格で、現行制度では2年に1回改定されます。その改訂のときに流通価格も参考にされるんだけど、総価取引主体になってると価格把握がむずかしくなってしまいます。

国としては単品単価取引をしてもらいたいところなのですが、その反面で、未妥結にペナルティーなんてこともやってるから、これは相反することです。未妥結というのはひとまず暫定価格で取引してあとから値段を決定して値引きなどで対処する方法なんだけど、未妥結も適正な流通価格を決めるのに妨げになるからさっさと妥結しないとペナルティーねってなっています。

だから、なるべく早く卸と取引する価格を決定しないといけないんだけど、そうなると総価取引の方が価格決定が楽ですよね。

だって、1つだけ数字決めればいいだけですからね。

ってことで、大手はだいたい総価取引です。15~20%とか?

でも、がんばれば単品単価取引でもこれくらい行くと思うんですよね。だって、ジェネリックは50%とか平気でいきますよ?国としてはジェネリックの置換率80%とか目指してるんでしょ?だとすると、ほとんど患者に渡すものはジェネリック医薬品です。

それが40%とか50%とかで入ってきたら、先発入れて20%オーバーは十分に可能だとおもいます。
沢井や東和のジェネリックってメーカー公認の販売代理店がたくさんあって、直接卸しているからこういう代理店を利用すると安く仕入れることができます。

>>サワイ製品販売代理店一覧|沢井製薬

でも、目先の利益に目がくらんで現金問屋とかつかうと痛い目に合うかもしれない。ハーボニーはいい教訓です。

現金問屋は箱無しの医薬品なんか平気で売るんですかね?事件は、無許可個人から購入したものらしいではないですか?そんな怪しいものよく売るよね。買う方も買う方だけど。よくFAXでリピトール55%OFFとか、アリセプト55%OFFとかのFAX流れてこないですか?あれは現金問屋ですね。

安いけど、もはや本物かどうかすらわからない怪しげなもの患者さんに渡せますか?いくら箱があって新品未開封でも信用ならない。

関連記事:まだ薬歴で消耗してるの?10秒薬歴を実現した方法を公開