2015年4月19日

祝200記事目でブログの運営報告

200記事目を記念して、今回はブログの運営報告をしたいと思う。

おかげさまで、スタートしてから約1年4ヶ月で200記事を迎えることが出来ました。

当ブログのスタートは、

2013年12月24日に公開した「内服調剤料の剤数の数え方」という記事が始まりです。

クリスマスイブにブログを立ち上げてたんですね。全然覚えてないけどなんだか悲しいです。

備忘録として書き始めたブログですが、昔の記事は文章を読んでいて恥ずかしくなるのであまり読みたくありません。

計算してみると、2~3日に1記事のペースで公開しています。働きなが我ながら頑張ったなと思います。

コツコツ更新したかいあってアクセス数とリピート数がだんだ改善されてきた。

最初の頃は、皆さん滞在時間は短く、1ページだけみてすぐに帰ってしまう方が多かったのですが、

いまでは、アクセスしてくれた人は平均2分以上も記事を読んでくださっています。また、来てくれた方は平均で2ページアクセスしてくれているので、サイトにある程度満足してくれているのかなとも思います。

ブログが軌道に乗るまでは、滞在時間は1分未満で、ページ/セッションも1.3ページくらいでした。その頃に比べると、いまでは更新する意気込みが増してますます張り切って記事を書いています。

詳しいページビュー数は伏せていますが、ここ1ヶ月を平均すると5000PV/日以上はあると思います。

なにより、嬉しいのがリピーター率の上昇です。 当サイトに来ていただけいる人の実に40%以上がリピーターなのです。

調剤事務に特化したサイトが少ないということもあって、調剤事務さんが仕事のことで調べ事をした際には、私のサイトがでてくることが多いのではないでしょうか?そのときにお気にかけてくれたら幸いです。

いまでもリピーター率が徐々に増えてきているので、定期的に見てくださっている方がいるのだと思い、緊張感をもって記事を更新しています。当面の目標は1日1万PVがスタンダードになることです。目標を達成するまでは、日々精進してまいりますのでこれからも応援よろしくお願いします。


スマホ表示に対応してみての効果


3/17にモバイルテンプレートを導入して、スマホ表示に対応しました。いままでは私がスマホテンプレが嫌いなので使ってなかったのですが、4月からモバイルに対応していないサイトは検索順位を下げるかもしれないとツイッター上で話題になっていたので、それは困るのですぐさま対応しました。
実際、4/21から検索に影響するという公式発表もあったようです。

対策したかいがあって、モバイルユーザビリティのエラーは0になりました。さて、いままで避けてきたモバイルフレンドリーですが、対応してみた結果を報告したいと思う。

CPCは顕著に下がりました。ただし、CTRは上がったので結果としてRPMは変わりません。

とりあえず、RPMがかわらなかったことに一安心です。

これ以外に、スマホからのアクセスの滞在時間はかなり伸びました。あと、スマホからの平均ページビュー数も増えました。まさにモバイルフレンドリー。

サイトないを徘徊するときはサイドバーからするもんだとばかり思っていて、スマホのテンプレはサイドバーがないからセッション当たりのPVが減るのかなと思っていたのですが、そんなことはないようです。逆にセッションあたりの平均ページビュー数はかなり増えました。

ちなみに、当サイトでは「スマホ+タブレット」からのアクセスの割合は全体の6割です。残りの4割がパソコンですね。

やっぱり、時代はスマホなんですね。私の場合は、キーボードになれているので、どうもスマホでの入力が苦手です。調べ物もパソコンでしてしまうので、こんなにもスマホで検索する人がいるのしれませんでした。おかげでモバイフレンドリーにはずいぶんと遅くなってしまいました。


ブログを更新して思ったこと


ブログは文章が上手に書けなくてもネタを選べばニーズはあるってことがわかった。ただがむしゃらに書きまくってれば、ある程度の書き方は固まってくる。

とにかく書くのが大事です。どこかの有名ブロガーさんは「息を吐くように記事を書く」って書いてあった気がする。

この一年の通勤時間はひたすらブログのネタばかりを考えていました。

通勤中にタイトルを考えて、それに対する知識を深めるために検索をかけていろんなサイトを読みあさります。

そして、

家に帰ったらパソコンで文章にするのが日々の日課です。

記事を書くのに1時間30分~2時間ってとこですね。

最初は、記事が短かったので1時間くらでかけてましたが、薬局ネタを書き続ける中で、知識の量もだんだん増えてきて、どんどん1記事のボリュームが増えてきました。なんだか書きたいことが増えてまとまらなくなって1時間以上かかってしまいます。

もともと、

文章を書くのは苦手で中学・高校の一番の苦手科目は国語でした。それこそ、クラスで一番国語ができなかったと思います。そのかわりに、理系科目は好きで数学や物理が得意でした。

だから、論理的な思考が得意なんですよね。私の文書をいつも読んでる方ならわかると思うけど、文章センスってのはあんまりないと思う。でも、事実をまとめたり、説明することくらいならできる。

いわゆる「説明文」です。

説明文は知識さえ詰め込めばだれだって同じような文章がかけます。

インターネットで検索する人のほとんどは、なにか疑問があって、それに対して答えを探しているのです。だから、その回答を用意してあげるとアクセス数は自然と増えます。そして、回答はユーモアのある文章である必要はなく逆に「説明文」の方がわかりやすいとおもう。

だから、説明文しか書けなくってもニーズとしては十分あるんですよね。


ブログを書いてわかったこと


インプットとアウトプットの意味がようやく理解できた。

私の人生あんまり勉強してきませんでしたが、いまになって勉強する機会をいただきました(ネット)。

勉強するにあたって大事なのはインプットとアウトプットのバランスだと思います。

いままで、勉強したけどテストの点はよくなかった私の人生はおそらく、インプット重視で、アウトプットしてこなかったからなんだと思う

だから、これから子供がおおきくなったら勉強を教えるんじゃなくって、勉強方法の方をしっかり教えてあげたいと思う。

・Input:入力する → 頭に入れる
・Output:出力する → 頭から出す


勉強して知識を詰め込むのはインプットです。テストで知識を活用するのはアウトプットです。

だから、ひたすら本読んでも、知識の利用方法がわからなければテストでうまく知識を利用できないんです。

学生さんはこのアウトプットの方法として問題集をときますね。それ意外にも、アウトプット方法はある。例えば、覚えた知識を友達に教えてあげるのはアウトプットですね。

教えるということは知識の出力だからアウトプットに該当します。ちゃんと理解していればこそ友達に教えることができます。

人に教えるということは、ワンランク上の技術が要求されるので、教えられるようになればテストも自ずとよくなるでしょう。

もう一つ違う方法として、文章に書きだすという方法がある。ブログがまさにこれに該当するとおもう。記事を書くことがアウトプット、書くために知識を身につけるのがインプットです。

だから、私の子供には勉強したことを日記として書きだしてもらおうと思っている。そしたら、文章を書くのもうまくなるし、人に説明するのもうまくなるし、調べるのもうまくなるし、知識は増える。さらに欲を言えば、私の広告を貼ったりできる。

まさに、いいことづくめ。

ただ、インプットだけしててもだめだし、アウトプットばかりしててもだめ。バランスが大事です。

アウトプットに偏ると新たな知識が加わらないんだから進歩できないですよね。インプットばかりしていても知識が使えなければ仕方ない。

ちなみに、ブログの場合は、記事の書き方、タイトルの付け方、SEO、ライティングスキルとかいろんな本を読んだって、結局書き始めなければ何もかわりません。

ブログは記事の体裁やクオリティーにこだわると、記事が書けなくなります。体裁を良くするためにインプット作業に傾いて行くんだけど、勉強すればするほど記事って書けなくなるんですよね。

だからインプットとアウトプットのバランスを考えて、均等に時間を割り振ることが大事。


ブログを書き続けるためのモチベーション


一番のモチベーションはアクセス数(PV数)があがることなんだけど、それ以外にうれしいことが、ブログ名で検索して来ていただけることだ。

ちょこちょこアクセス解析しているんだけど、皆さんが当サイトに検索してきてくれるときの検索ワードってこっちでわかるんです。

そのワードに最近「調剤薬局事務の仕事 ブログ」ってのが増えてきている。たまたまふらっときた人ではなく、私のブログを目的としてくれたってことですよね?

こつこつ続けてきてこれほどうれしいことはないです。調剤薬局は業界としてはせまい業界です。その中でどれだけ認知されるかこれから挑戦していきたいと思う。

このブログに施したカスタムを紹介
>>当ブログのBloggerカスタム備忘録

月間アーカイブ