2014年12月13日

カンデサルタン錠の薬価コード一覧表


ブロプレス錠のジェネリック医薬品であるカンデサルタン錠が2014年12月12日に薬価収載されて、一斉発売されました。

2014年12月12日はレボフロキサシン錠と合わせて超大型ジェネリックが2種類薬価収載されたわけです。

ただ、

カンデサルタン錠は事前にオーソライズドジェネリックであるカンデサルタン錠「あすか」が先行発売されているので、第2弾の発売になりますね。

新発売の薬は新規で登録しないといけないので、

厚生労働省で発表された薬価一覧と薬価コードを一覧にしました。

レボフロキサシン錠のまとめは▼コチラ▼
関連記事:レボフロキサシン500錠の薬価コード一覧

表の下に、余談も載せているのでもし時間があれば一番下までみてください。

薬品名 メーカー名 薬価 薬価基準収載医薬品コード
ブロプレス錠2 武田薬品工業 37.50 2149040F1026
カンデサルタン錠2mg「あすか」 あすか製薬 21.60 2149040F1034
カンデサルタン錠2mg「BMD」 ビオメディクス 18.00 2149040F1042
カンデサルタン錠2mg「DK」 大興製薬 18.00 2149040F1050
カンデサルタン錠2mg「DSEP」 第一三共エスファ 18.00 2149040F1069
カンデサルタン錠2mg「EE」 エルメッド エーザイ 18.00 2149040F1077
カンデサルタン錠2mg「FFP」 富士フイルムファーマ 18.00 2149040F1085
カンデサルタン錠2mg「JG」 日本ジェネリック 18.00 2149040F1093
カンデサルタン錠2mg「KN」 小林化工 18.00 2149040F1107
カンデサルタン錠2mg「KO」 寿製薬 18.00 2149040F1115
カンデサルタン錠2mg「KOG」 興和 18.00 2149040F1123
カンデサルタン錠2mg「TCK」 辰巳化学 18.00 2149040F1131
カンデサルタン錠2mg「YD」 陽進堂 18.00 2149040F1140
カンデサルタン錠2mg「ZE」 全星薬品工業 18.00 2149040F1158
カンデサルタン錠2mg「アメル」 共和薬品工業 18.00 2149040F1166
カンデサルタン錠2mg「イセイ」 イセイ 18.00 2149040F1174
カンデサルタン錠2mg「オーハラ」 大原薬品工業 18.00 2149040F1182
カンデサルタン錠2mg「科研」 シオノケミカル 18.00 2149040F1190
カンデサルタン錠2mg「杏林」 キョーリンリメディオ 18.00 2149040F1204
カンデサルタン錠2mg「ケミファ」 日本ケミファ 18.00 2149040F1212
カンデサルタン錠2mg「サノフィ」 サノフィ・ゼンティバ 18.00 2149040F1220
カンデサルタン錠2mg「サワイ」 沢井製薬 18.00 2149040F1239
カンデサルタン錠2mg「サンド」 サンド 18.00 2149040F1247
カンデサルタン錠2mg「三和」 三和化学研究所 18.00 2149040F1255
カンデサルタン錠2mg「ゼリア」 日本薬品工業 18.00 2149040F1263
カンデサルタン錠2mg「タナベ」 田辺三菱製薬 18.00 2149040F1271
カンデサルタン錠2mg「ツルハラ」 鶴原製薬 18.00 2149040F1280
カンデサルタン錠2mg「テバ」 テバ製薬 18.00 2149040F1298
カンデサルタン錠2mg「トーワ」 東和薬品 18.00 2149040F1301
カンデサルタン錠2mg「日医工」 日医工 18.00 2149040F1310
カンデサルタン錠2mg「日新」 日新製薬(山形) 18.00 2149040F1328
カンデサルタン錠2mg「ニプロ」 ニプロ 18.00 2149040F1336
カンデサルタン錠2mg「ファイザー」 マイラン製薬 18.00 2149040F1344
カンデサルタン錠2mg「明治」 Meiji Seika ファルマ 18.00 2149040F1352
カンデサルタン錠2mg「モチダ」 持田製薬 18.00 2149040F1360
カンデサルタンOD錠2mg「EE」 エルメッド エーザイ 18.00 2149040F5021
カンデサルタンOD錠2mg「KN」 小林化工 18.00 2149040F5030
カンデサルタンOD錠2mg「サワイ」 沢井製薬 18.00 2149040F5048
ブロプレス錠4 武田薬品工業 69.80 2149040F2022
カンデサルタン錠4mg「あすか」 あすか製薬 41.90 2149040F2030
カンデサルタン錠4mg「BMD」 ビオメディクス 34.90 2149040F2049
カンデサルタン錠4mg「DK」 大興製薬 34.90 2149040F2057
カンデサルタン錠4mg「DSEP」 第一三共エスファ 34.90 2149040F2065
カンデサルタン錠4mg「EE」 エルメッド エーザイ 34.90 2149040F2073
カンデサルタン錠4mg「FFP」 富士フイルムファーマ 34.90 2149040F2081
カンデサルタン錠4mg「JG」 日本ジェネリック 34.90 2149040F2090
カンデサルタン錠4mg「KN」 小林化工 34.90 2149040F2103
カンデサルタン錠4mg「KO」 寿製薬 34.90 2149040F2111
カンデサルタン錠4mg「KOG」 興和 34.90 2149040F2120
カンデサルタン錠4mg「TCK」 辰巳化学 34.90 2149040F2138
カンデサルタン錠4mg「YD」 陽進堂 34.90 2149040F2146
カンデサルタン錠4mg「ZE」 全星薬品工業 34.90 2149040F2154
カンデサルタン錠4mg「アメル」 共和薬品工業 34.90 2149040F2162
カンデサルタン錠4mg「イセイ」 イセイ 34.90 2149040F2170
カンデサルタン錠4mg「オーハラ」 大原薬品工業 34.90 2149040F2189
カンデサルタン錠4mg「科研」 シオノケミカル 34.90 2149040F2197
カンデサルタン錠4mg「杏林」 キョーリンリメディオ 34.90 2149040F2200
カンデサルタン錠4mg「ケミファ」 日本ケミファ 34.90 2149040F2219
カンデサルタン錠4mg「サノフィ」 サノフィ・ゼンティバ 34.90 2149040F2227
カンデサルタン錠4mg「サワイ」 沢井製薬 34.90 2149040F2235
カンデサルタン錠4mg「サンド」 サンド 34.90 2149040F2243
カンデサルタン錠4mg「三和」 三和化学研究所 34.90 2149040F2251
カンデサルタン錠4mg「ゼリア」 日本薬品工業 34.90 2149040F2260
カンデサルタン錠4mg「タナベ」 田辺三菱製薬 34.90 2149040F2278
カンデサルタン錠4mg「ツルハラ」 鶴原製薬 34.90 2149040F2286
カンデサルタン錠4mg「テバ」 テバ製薬 34.90 2149040F2294
カンデサルタン錠4mg「トーワ」 東和薬品 34.90 2149040F2308
カンデサルタン錠4mg「日医工」 日医工 34.90 2149040F2316
カンデサルタン錠4mg「日新」 日新製薬(山形) 34.90 2149040F2324
カンデサルタン錠4mg「ニプロ」 ニプロ 34.90 2149040F2332
カンデサルタン錠4mg「ファイザー」 マイラン製薬 34.90 2149040F2340
カンデサルタン錠4mg「明治」 Meiji Seika ファルマ 34.90 2149040F2359
カンデサルタン錠4mg「モチダ」 持田製薬 34.90 2149040F2367
カンデサルタンOD錠4mg「EE」 エルメッド エーザイ 34.90 2149040F6028
カンデサルタンOD錠4mg「KN」 小林化工 34.90 2149040F6036
カンデサルタンOD錠4mg「サワイ」 沢井製薬 34.90 2149040F6044
ブロプレス錠8 武田薬品工業 135.60 2149040F3029
カンデサルタン錠8mg「あすか」 あすか製薬 81.40 2149040F3037
カンデサルタン錠8mg「BMD」 ビオメディクス 67.80 2149040F3045
カンデサルタン錠8mg「DK」 大興製薬 67.80 2149040F3053
カンデサルタン錠8mg「DSEP」 第一三共エスファ 67.80 2149040F3061
カンデサルタン錠8mg「EE」 エルメッド エーザイ 67.80 2149040F3070
カンデサルタン錠8mg「FFP」 富士フイルムファーマ 67.80 2149040F3088
カンデサルタン錠8mg「JG」 日本ジェネリック 67.80 2149040F3096
カンデサルタン錠8mg「KN」 小林化工 67.80 2149040F3100
カンデサルタン錠8mg「KO」 寿製薬 67.80 2149040F3118
カンデサルタン錠8mg「KOG」 興和 67.80 2149040F3126
カンデサルタン錠8mg「TCK」 辰巳化学 67.80 2149040F3134
カンデサルタン錠8mg「YD」 陽進堂 67.80 2149040F3142
カンデサルタン錠8mg「ZE」 全星薬品工業 67.80 2149040F3150
カンデサルタン錠8mg「アメル」 共和薬品工業 67.80 2149040F3169
カンデサルタン錠8mg「イセイ」 イセイ 67.80 2149040F3177
カンデサルタン錠8mg「オーハラ」 大原薬品工業 67.80 2149040F3185
カンデサルタン錠8mg「科研」 シオノケミカル 67.80 2149040F3193
カンデサルタン錠8mg「杏林」 キョーリンリメディオ 67.80 2149040F3207
カンデサルタン錠8mg「ケミファ」 日本ケミファ 67.80 2149040F3215
カンデサルタン錠8mg「サノフィ」 サノフィ・ゼンティバ 67.80 2149040F3223
カンデサルタン錠8mg「サワイ」 沢井製薬 67.80 2149040F3231
カンデサルタン錠8mg「サンド」 サンド 67.80 2149040F3240
カンデサルタン錠8mg「三和」 三和化学研究所 67.80 2149040F3258
カンデサルタン錠8mg「ゼリア」 日本薬品工業 67.80 2149040F3266
カンデサルタン錠8mg「タナベ」 田辺三菱製薬 67.80 2149040F3274
カンデサルタン錠8mg「ツルハラ」 鶴原製薬 67.80 2149040F3282
カンデサルタン錠8mg「テバ」 テバ製薬 67.80 2149040F3290
カンデサルタン錠8mg「トーワ」 東和薬品 67.80 2149040F3304
カンデサルタン錠8mg「日医工」 日医工 67.80 2149040F3312
カンデサルタン錠8mg「日新」 日新製薬(山形) 67.80 2149040F3320
カンデサルタン錠8mg「ニプロ」 ニプロ 67.80 2149040F3339
カンデサルタン錠8mg「ファイザー」 マイラン製薬 67.80 2149040F3347
カンデサルタン錠8mg「明治」 Meiji Seika ファルマ 67.80 2149040F3355
カンデサルタン錠8mg「モチダ」 持田製薬 67.80 2149040F3363
カンデサルタンOD錠8mg「EE」 エルメッド エーザイ 67.80 2149040F7024
カンデサルタンOD錠8mg「KN」 小林化工 67.80 2149040F7032
カンデサルタンOD錠8mg「サワイ」 沢井製薬 67.80 2149040F7040
ブロプレス錠12 武田薬品工業 208.50 2149040F4025
カンデサルタン錠12mg「あすか」 あすか製薬 103.20 2149040F4033
カンデサルタン錠12mg「BMD」 ビオメディクス 85.90 2149040F4041
カンデサルタン錠12mg「DK」 大興製薬 85.90 2149040F4050
カンデサルタン錠12mg「DSEP」 第一三共エスファ 85.90 2149040F4068
カンデサルタン錠12mg「EE」 エルメッド エーザイ 85.90 2149040F4076
カンデサルタン錠12mg「FFP」 富士フイルムファーマ 85.90 2149040F4084
カンデサルタン錠12mg「JG」 日本ジェネリック 85.90 2149040F4092
カンデサルタン錠12mg「KN」 小林化工 85.90 2149040F4106
カンデサルタン錠12mg「KO」 寿製薬 85.90 2149040F4114
カンデサルタン錠12mg「KOG」 興和 85.90 2149040F4122
カンデサルタン錠12mg「TCK」 辰巳化学 85.90 2149040F4130
カンデサルタン錠12mg「YD」 陽進堂 85.90 2149040F4149
カンデサルタン錠12mg「ZE」 全星薬品工業 85.90 2149040F4157
カンデサルタン錠12mg「アメル」 共和薬品工業 85.90 2149040F4165
カンデサルタン錠12mg「イセイ」 イセイ 85.90 2149040F4173
カンデサルタン錠12mg「オーハラ」 大原薬品工業 85.90 2149040F4181
カンデサルタン錠12mg「科研」 シオノケミカル 85.90 2149040F4190
カンデサルタン錠12mg「杏林」 キョーリンリメディオ 85.90 2149040F4203
カンデサルタン錠12mg「ケミファ」 日本ケミファ 85.90 2149040F4211
カンデサルタン錠12mg「サノフィ」 サノフィ・ゼンティバ 85.90 2149040F4220
カンデサルタン錠12mg「サワイ」 沢井製薬 85.90 2149040F4238
カンデサルタン錠12mg「サンド」 サンド 85.90 2149040F4246
カンデサルタン錠12mg「三和」 三和化学研究所 85.90 2149040F4254
カンデサルタン錠12mg「ゼリア」 日本薬品工業 85.90 2149040F4262
カンデサルタン錠12mg「タナベ」 田辺三菱製薬 85.90 2149040F4270
カンデサルタン錠12mg「ツルハラ」 鶴原製薬 85.90 2149040F4289
カンデサルタン錠12mg「テバ」 テバ製薬 85.90 2149040F4297
カンデサルタン錠12mg「トーワ」 東和薬品 85.90 2149040F4300
カンデサルタン錠12mg「日医工」 日医工 85.90 2149040F4319
カンデサルタン錠12mg「日新」 日新製薬(山形) 85.90 2149040F4327
カンデサルタン錠12mg「ニプロ」 ニプロ 85.90 2149040F4335
カンデサルタン錠12mg「ファイザー」 マイラン製薬 85.90 2149040F4343
カンデサルタン錠12mg「明治」 Meiji Seika ファルマ 85.90 2149040F4351
カンデサルタン錠12mg「モチダ」 持田製薬 85.90 2149040F4360
カンデサルタンOD錠12mg「EE」 エルメッド エーザイ 85.90 2149040F8020
カンデサルタンOD錠12mg「KN」 小林化工 85.90 2149040F8039
カンデサルタンOD錠12mg「サワイ」 沢井製薬 85.90 2149040F8047

流石にすごい数ですね。

特徴的なものはOD錠オーソライズドジェネリックですね。

関連記事:オーソライズドジェネリックって何?

あすか製薬のジェネリックだけは、オーソライズドジェネリックといって、

先発品である武田製薬が公認で作っているジェネリックです。

武田製薬公認でつくっているから特許がきれるまで発売を待つ必要がなく他のジェネリックに先行して発売が出来るんです。

だから、一社だけが先行発売できたわけです。

ちなみに、あすか製薬は武田製薬が筆頭株主で提携会社ですね。

先に発売したあすか製品のものをすでに在庫している薬局は多いのではないでしょうか?

うちの薬局も「あすか」のもの採用しています。

在庫の品目数が増えるのが嫌なので新しいものを採用する予定はありません。

これが先行発売するメリットですね。もうすでにかなりのシェアを奪ったのではないでしょうか?

今回のジェネリックは先発品の半額が設定価格みたいですね。ただ、あすか製薬のだけは他のものよりも高い価格が設定されているようですね。先発品と同等の品質なので高いのも無理もないとは思います。

薬局がジェネリックを採用するにあたって薬価が高いから採用を見送るかというと、そういうわけではない。

ちょっとまとめます。以下に続く。


薬価が高い医薬品と低い医薬品どちらを採用するべきか?


ジェネリック医薬品の採用品を決めるにあたって薬価は重要な判断材料になります。

後発品を患者に紹介するメリットといえば価格が安くなることですよね。

だから、価格が安いもののほうが変更するメリットが大きくなり、患者さんも喜ぶわけだから安いほうが選択されやすいと思うかもしれません。

実は、違うんです。

逆に、うちなんかは薬価の高いものの方を採用しています。

なぜなのでしょうか?

それは薬価差益の取り分の問題です。

薬価差益とは
患者に使用した薬は薬価(公定価格)で請求するが、実際は卸から割引価格で納入するので、
その差額分は医療機関の利益になる。この利益のこと。

薬価差益は大事な薬局の収入源です。

元の値段が高いものを患者に渡したほうが、この差額が大きくなるからあえて高い医薬品を進めることがあるわけです。

計算例で見てみよう。

カンデサルタン錠4mg 100錠

医薬品は卸から購入しますが、ここでは薬価の15%引きで購入したとしましょう。

あすか
包装薬価(100錠):4190円
納入価(15%引き):3143円
100錠使用したときの薬価差益は1047円

その他のメーカー
包装薬価(100錠):3490円
納入価(15%引き):2618円
100錠使用したときの薬価差益は872円

こんな感じでもともとの値段が高いものの方が薬価差益がつきやすいのだ。

ただ、一概に薬価だけで比較できない部分もあって、使用するメーカーによっては卸での納入価が20%引きや30%引きになったり割引額が異なる。

もっと安く納品してくれるとこがあればそれを使用するのもいいだろう。

ちなみに、

薬局は後発医薬品を使用した数量割合を増やすと加算が取れるから、使用割合を増やすのが第一目的なんだ。患者会計は二の次なのね。

だって、安い高いは後発品使用割合に影響しないからなんです。