2016年6月24日

保健所の立ち入り検査を終えてのレポート

6年に1回の薬局許可更新にともなう保健所チェックを終えたのでチェックされた項目をまとめていきたいと思います。

二人一組できて合計20分程度で終了。チェックリストを見ながら1つずつ確認していきますが、チェックする項目が多いようでチェックは目視だけ内容まではほとんどみていません。

たとえば、毒薬や向精神薬2種の帳簿とかは帳簿があるのは確認したけど中身まではみませんでした。

具体的にチェックされた内容
掲示物チェック
OTCチェック → 1類と要指導医薬品は販売記録をとっているのかのチェック
毒薬と覚せい剤原料の帳簿チェック
向精神薬のチェック → 伝票は別にして保管しているかチェック
劇薬は他の薬品と区別して保管してるかチェック
麻薬の帳簿チェック → 在庫を1つずつ数を確認
麻薬の伝票も分けて管理しているかチェック
日々の管理帳簿をチェック
器具類チェック → 1つずつ読み上げながら確認。はかりは一つあればOK。
書籍チェック → 1つずつあるのか確認される。最新ではないが2年前に購入したので何もいわれず
冷蔵庫の中をチェック → たぶん温度計の有無だとおもわれる
業務指針・手順書のチェック → わりとじっくり見てました。

こんなもんですかね?

とくに注意されて改善をもとめられた事項は一つもありませんでした。

備えるべき帳簿や器具なんかの情報はこちらの記事でまとめているので参考にしてください。

>>6年に1度の保健所立ち入り検査に準備しておくべきこと

1週間後に許可証を交付するので認印だけもって取りに来るようにとのこと。

月間アーカイブ