2015年10月6日

一般名処方加算を2パターンに細分化【平成28年度調剤報酬改定】


<基本的な考え方>
後発医薬品のさらなる使用促進を図るため、後発医薬品が存在する全ての医薬品を一般名で処方している場合の評価等を新設する。

<具体的な内容>
後発医薬品が存在する全ての医薬品が一般名処方されている場合の評価を新設する。

一般名処方加算
現行 改定案
【処方せん料】 【処方せん料】
(新設) 一般名処方加算1 3点(新)
一般名処方加算 2点 一般名処方加算2 2点
[算定要件] [算定要件]
(新設) 一般名処方加算1(新)
交付した処方せんに含まれる医薬品のうち、後発医薬品が存在する全ての医薬品が一般名処方されている場合に算定できる。
一般名処方加算 一般名処方加算2
交付した処方せんに1品目でも一般名処方された医薬品が含まれている場合に算定する。 交付した処方せんに1品目でも一般名処方された医薬品が含まれている場合に算定する。
*処方時に後発医薬品の銘柄を記載した上で変更不可とする場合には、処方せんにその理由を記載する。

個人的感想


細分化するよりも厳格化すればよかったのにとおもう。1種類でもあれば2点とか要件が軽すぎでしょ。ムコスタだけ【般】レバミピドにして必ず処方することで毎回2点をとることができる。

これだとあんまり後発推奨にならないばかりか、意味のないレバミピド代がかさみ本末転倒だけど、これでも2点もらえる。

だから、今回の改定でこうならないように一般名処方加算を1と2ではなく厳しい方の一般名処方加算1で統一して一本化すれば良かったのに。


これは単純に医科のプラス改定です。いままでは1種類でも一般名にすれば2点取れたわけだが、このルールはそのまま残るのでいままで通りにしてれば2点取れる。 そして、もっと頑張って処方薬全てを一般名にすれば3点に点数アップします。

すべてということでとくに数に制限はない。つまり、1種類だけの処方の場合はいままで2点だったのがそのまま3点に増えます。

 一般名処方加算への取り組みって病院によってほんとまちまちで、たかが2点ということでまったく一般名処方しないところはたくさんある。

1日処方箋50枚発行するクリニックがすべて2点とったら1日1000円UPです。20日営業で月20000円UPです。個人事業主ならなかな月20000円UPは嬉しいですよね。

今回は3点というのが増えたから、本気出して3点とりにいけば月30000円UPです。

月間アーカイブ