2015年11月15日

調剤薬局事務が追加で取得すべき資格はなに?

現役の調剤事務さんから質問を頂きました。

私は未経験で調剤薬局事務になったのですが調剤薬局事務の資格はとった方がいいのでしょうか?

こちらの質問に対する私の回答は「いまさら必要はないと思う。」です。

調剤薬局事務をやることじたいに資格が必要ないのに調剤薬局事務の資格がいろいろと存在するのは、資格をとることでちゃんと勉強 したことをアピールして就活を有利にすすめるためです。

だから、就職した人間にとってはいまさら必要のないものです。

つまり、現役の調剤薬局事務であれば調剤薬局事務の資格をとる必要は全くなく、知識が心配なら書籍だけ買って読めばいいだけで、あえて高いお金を払ってまで調剤薬局事務の資格に挑むのは馬鹿らしい。

ということで別の資格にチャレンジしたほうが有意義なのではないでしょうか?

といっても、調剤薬局事務+αってあんまり思い浮かばない。強いて言えば、以前に記事に書いた登録販売者くらい。

関連記事:調剤薬局事務は登録販売者をとった方がいいと思う。

調剤薬局事務に必要な知識ってごく一部で、続けていても新しく身につく知識は少ない。だから、あえて畑違いの資格を勉強することで視野を広げてみるのもいいと思う。

>>登録販売者の資料請求ページ

以下参考にならないかもしれないけど、私が調剤事務員になってから勉強した資格を紹介する。

簿記3級


事務員には重宝する資格だと思う。3級なら初学でも学びやすいから勉強しといて損はないです。たぶんなんだけど、薬局のお金って事務員が管理してませんか?小口金の帳簿つけたり、売上金の管理したり。

お金への関わり方は様々だけど少なからず管理に携わっているとはおもう。ただ、教えられたことを漫然とやるだけではなくって、簿記を学ぶと帳簿をつけている意味がわかってくる。

薬局の経営状況を把握したり、コスト感覚も身につくのでより仕事が面白くなります。

経理の担当者に限らず、すべての社会人に必要な知識であることから、社内での評価アップはもちろん、就職・転職の際のアピールポイントとしても役立てられる資格です。

私は3級取得しました、2級はテキストみたけど、これは片手間では無理ゲーですね。1級はもはや気持ち悪いレベルです。

興味がある方はこちらから無料で資料請求することが出来ます。

>>簿記講座の一括資料請求

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)


通称MOS試験です。MOSの中でいろいろと細分化されていて、エクセル、ワード、パワーポイント、アクセス、アウトルックに分かれています。

で、私が取得しているのはエクセルのスペシャリストレベル(一般)です。これは独学で楽勝ですね。

MOS公式サイト:Word 2013 スペシャリスト(一般)

薬局なら薬剤師よりも事務員こそエクセルに精通するべきで、一定のレベルになると様々なことで業務改善に役立てることができる。

ただし、エクセルに関しては実力さえともなっていれば資格自体は必要なものではないと思う。勉強だけして資格はとらないってのはありだと思う。

実際、エクセルスペシャリスト(一般)はとったけどスペシャリスト(上級)の勉強だけして試験は受けていない。試験代もばかにならないですからね。あと多分受からないとおもったので。

ITパスポート試験


国家資格というので暇つぶしに取得したが、何に必要なのかすらもわからない資格。よくわからないけどパソコン関係のお仕事をする人の入口の入口です。
PC系の人だと常識的なことばかりなんだろうけど、畑ちがいの事務員なら新鮮でいいかもしれない。

これは基礎の基礎の基礎で、その一個上の基本情報技術者試験ってのから難しくなるので本気の方々はこっちをとりますね。

基本情報技術者試験も少しかじってますが、なんか難しいのでやめました。

介護事務


調剤薬局事務は調剤報酬を請求する事務で、医療事務は診療報酬を請求する事務で、介護事務は介護報酬を請求する事務員です。

やってることは医療事務や調剤薬局事務と同じようなものなのですが、働く場所が介護福祉施設介護サービス提供事業所という点でことなります。これから超高齢化していく日本社会において需要が増えていくことは間違いない。また薬局や診療所でも在宅をすすめて行く流れになっており介護報酬に精通する事務員は重宝されます。

>>介護事務の一括資料請求

資格じゃないけど頑張って勉強したこと


結局、資格が欲しいわけではないんですよね。何か新しいことがしたいだけなんです。

そこで、一番ハマったのがホームページの作成です。あとブログの作り方とかね。

薬局ホームページや近隣の某クリニックのホームページの作成も引き受けたことがあります。趣味レベルの拙いデザインですが、あれは楽しかったです。業務の一環としてホームページづくりの許可がおりたから業務中にいろいろと勉強させてもらえました。

ホームページ作成とかに興味があるならWordPressの勉強をした方がいい。

いろいろサイト作ったけど、ホームページ作るのってやっぱりめんどくさいです。で、簡単にキレイなデザインのサイトを作れるのがWordPressです。

無料だからWordPressの使い方だけ勉強すれば、だれでも簡単に超綺麗なデザインのホームページが作成できる。

個人的には、上記で書いたどの資格よりもWordPressが一番ためになると思う。ゆくゆくはこれで開業する予定。

調剤薬局事務が転職するのに資格は必要なのか?


転職するための手段として資格をとるのはいいんだけど、これがいつの間にか資格をとることが目的にならないように注意したい。資格を取るために就職浪人した友人がいますが、これは本末転倒でそのあと就職にかなり苦労したそうです。これと同じです。

逆に、元調剤薬局事務仲間で法律事務所の事務や設計会社の事務に資格や経験なしに転職した人もいます。

転職を本気で考えるなら、資格に時間を費やすよりも転職活動に精を出す方が効果的な場合もある。転職するために資格をとりたいと思っている人は先に リクナビNEXTに登録してスカウトサービスを利用してみるといい。多くの場合、これですんなり解決できるはずです。

失敗しない転職がしたいなら


転職したいと考えるたら、まず転職サイトに登録しましょう。調剤薬局事務の人って、経歴に自信がないのか、転職サイトよりもハローワークを頼る傾向にあるけど、遠慮なんか要らないですよ。転職サイトどんどん活用しましょう。

星の数ほど求人があるから調剤薬局事務経験だけの人でもさまざまな選択肢が用意されています。おすすめというか、最大手だから登録しとけば間違いないというのが リクナビNEXTです。

何がそんなにいいのかって、
・求人の「質」と「量」が素晴らしい
・サイトの操作性や使い勝手がいい
・スカウト機能で企業側からオファーが届く
・転職のノウハウが情報などの必要な情報が全て掲載されている

スカウト機能とは自分の職務経歴書や履歴書を登録企業に公開することで、その情報を見た企業側から直接オファーが来る。これが意外と来るんです。直接のオファーなので面接での合格率が格段に高いのが特徴です。登録だけでもしといて損はないと思いますよ。

月間アーカイブ