2015年11月16日

お薬一包化の料金表


一包化にいくらかかるのかという問い合わせがあったので、料金表をつくって解説します。

料金表は平成28年度の調剤報酬改定に対応したものです。

一包化は薬を飲みやすいように朝・昼・夕ごとにシートから出してパックすることをいうのですが、とても手間がかかるので当然無料ではありません。

医師の指示のもとで一包化を行うと一包化加算という加算が算定できるので、この加算分だけ通常のお会計よりも高くなるわけです。

ちなみに、

医師の指示のない一包化は保険請求できないので、どうしても一包化を希望する場合は薬局側のサービスとして有償で提供します。

ちなみに、うちは1日分ごとに100円です。量や種類にかかわらずに日数で計算します。

30日分のサービス一包化を希望するんであれば自費で3000円を請求します。

さて、
保険を使った時の一包化加算のお値段ですが一包化加算はコチラになります。28年度の調剤報酬改定で点数が見直されるので4月からは新しい点数体系になります。

一包化加算(旧)
56日分以下の場合7日分につき32点
57日分以上の場合290点

一包化加算(新)
42日分以下の場合7日分につき32点
43日分以上の場合220点

一包化加算の詳しい算定要件の解説は▼コチラ▼(過去記事)
一包化加算の算定要件を学ぶ10の処方例

一包化加算は種類や量にかかわらず日数に応じて点数が決まります。

つまり、10錠の一包化でも、2錠の一包化でも請求する費用は同じなのです。だから、薬局ではあまりにも種類の多い一包化は割にあわないのでできればやりたくない。

ただ、少ないのもあるので、それで帳尻あわせてる感じです。

当然、処方箋に指示があればそれを拒否することはできません。

一包化加算の料金表
日数 点数(旧) 点数(新) 10割負担(円) 3割負担(円) 1割負担(円)
1日 32 32 320 96 32
2日 32 32 320 96 32
3日 32 32 320 96 32
4日 32 32 320 96 32
5日 32 32 320 96 32
6日 32 32 320 96 32
7日 32 32 320 96 32
8日 64 64 640 192 64
9日 64 64 640 192 64
10日 64 64 640 192 64
11日 64 64 640 192 64
12日 64 64 640 192 64
13日 64 64 640 192 64
14日 64 64 640 192 64
15日 96 96 960 288 96
16日 96 96 960 288 96
17日 96 96 960 288 96
18日 96 96 960 288 96
19日 96 96 960 288 96
20日 96 96 960 288 96
21日 96 96 960 288 96
22日 128 128 1280 384 128
23日 128 128 1280 384 128
24日 128 128 1280 384 128
25日 128 128 1280 384 128
26日 128 128 1280 384 128
27日 128 128 1280 384 128
28日 128 128 1280 384 128
29日 160 160 1600 480 160
30日 160 160 1600 480 160
31日 160 160 1600 480 160
32日 160 160 1600 480 160
33日 160 160 1600 480 160
34日 160 160 1600 480 160
35日 160 160 1600 480 160
36日 192 192 1920 576 192
37日 192 192 1920 576 192
38日 192 192 1920 576 192
39日 192 192 1920 576 192
40日 192 192 1920 576 192
41日 192 192 1920 576 192
42日 192 192 1920 576 192
43日 224 220 2200 660 220
44日 224 220 2200 660 220
45日 224 220 2200 660 220
46日 224 220 2200 660 220
47日 224 220 2200 660 220
48日 224 220 2200 660 220
49日 224 220 2200 660 220
50日 256 220 2200 660 220
51日 256 220 2200 660 220
52日 256 220 2200 660 220
53日 256 220 2200 660 220
54日 256 220 2200 660 220
55日 256 220 2200 660 220
56日 256 220 2200 660 220
57日以上 290 220 2200 660 220

概ねこちらの料金で間違いないのですが、最終的に患者さんに請求するときは全ての費用を合算した後に四捨五入するので1円単位のお会計は発生しないことになる。

30日分を3割負担で作ってもらったら480円上乗せされるわけです。

もし、10錠の薬を30日分つくったら1時間はかかります。2錠なら15分くらいでできます。

なので、あまりにも錠数がおおいのものは割にあわないですね。

関連記事:一包化できない薬品リスト

月間アーカイブ