2014年9月28日

医療事務と調剤薬局事務の違いを現役の薬局事務が語るよ


医療事務と調剤事務は、医療系の事務というカテゴリーでは共通しているから同じようなものだと思われがちだけど全く別物です。

一番の違いは働く場所です。

医療事務:病院や診療所
調剤事務:薬局

薬局と病院はそれぞれ独立した医療機関なので会計が全く異なります。

薬局の会計(調剤報酬)のスペシャリストが調剤事務です。
病院の会計(診療報酬)のスペシャリストが医療事務です。

共通することはパソコンでの入力作業が主な業務であることです。どちらも医療費の計算(保険請求と患者会計)がメインの仕事ですが電卓をたたくようなことはしません。

点数計算はパソコンが全部自動でやってくれるので、事務員が行う作業はというと医師のカルテ、処方箋、保険証番号などを間違えないようにパソコンに入力することです。

正確に入力すればあとはパソコンが診療報酬(調剤報酬)を計算してくれるから自分で計算することはほとんどありません。

必要なスキルは、汚いカルテや処方箋を判読する力と、間違えないようにパソコンに入力する能力です。

ちなみに、

どちらも公的な資格ではないので資格がなくても誰でも医療事務や調剤事務になれるしすべての業務を行うことができる。

だけど、世の中には様々な通信講座や認定資格がありますよね?なんのために取得するのでしょうか?

資格の主な用途はやっぱり就職でアピールできること。これにつきます。

私の場合は、ドラッグストアの店員からこの業界に転職したので、この業界は全くの未経験でした。
それでも雇ってもらえたのは調剤報酬事務の資格を取得したからだと思っています。

もし、医療事務や調剤報酬事務の経験があって同じ業種に就職するのであれば、資格はとくに必要ありません。

いままでやってきた実績さえあれば十分アピールできるからです。しかし、まったくの未経験者であれば資格はあなたにとって心強い助けになります。

経験はないけど、しっかり勉強してきたという証明になるからです。

講座の受講を検討している方は講座資料を無料で一括請求できるサイトがあるので、まずはそこでいくつか資料請求をしてから検討するといいだろう。無料だから使わない手はないです。

>>調剤事務の情報|資格取得ならBrushUP学び

私の場合は医療事務と調剤事務とで両方共受講しましたが最後まで勉強したのは調剤事務だけです。

医療事務はいまでも押入れの奥底に眠っています。

というのも調剤事務の方がテキストが薄くてとっかかりやすかったので先に終わらせたら就職が決まったので医療事務はやらずじまいになってしまいました。医療事務のテキストは5冊くらいあったので覚悟を決めないとなかなか骨です。

医療事務と調剤事務の違い詳細


医療事務は医師から渡されたカルテをもとに患者のお会計と保険請求額を計算します。

医師の診療行為(検査、診察、投薬、レントゲン、注射など)には一つずつ値段(点数)が設定されており、おこなった検査ごとに点数を算定してします。

医療行為ひとつひとつに点数が設定されているので覚える量が膨大です。

入院、外来で計算方法は違うし、診療科が違えば検査や処置はまったく違うので、それぞれで覚えることがいっぱいです。

あまりにも膨大な量になるので、医療事務の中でも得意な診療科、不得意な診療科があり、全ての診療科がわかる医療事務は凄いです。

耳鼻科の医療事務は、耳鼻科のことしかわかんないから、もし眼科の医療事務に転職したらまた最初から覚え直さないといけない。

耳鼻科の医者が、眼科の診察ができないのと一緒で、それくらい診療科が違えば覚えることが違います。

それに対して、

調剤事務の仕事は処方箋をもとに患者のお会計と保険請求額を計算します。

お薬代と薬局の医療行為に対しての計算をするんだけど、薬局の医療行為って、主に薬を用意すること(調剤)薬を説明して渡すこと(投薬)だから医療行為の範囲が極端に狭いので覚えることがあまりありません。

お薬代は薬ごとに違うけどパソコンが勝手に計算するから覚える必要はありません。

もし、皮膚科の門前薬局から、循環器科の門前薬局に転職したとしても、業務内容や計算方法はいままでやってきたことをそのまま応用することができます。

よって、医療事務の方が覚えることが膨大なので勉強の難易度も間違いなく難しいです。

色んなとこで講座が用意されているけど、医療事務講座はテキストが5冊くらいあるのに対して調剤事務講座はテキストが1冊しかなかったりする。

ただ、覚えることが少ないので仕事は調剤事務の方が楽なのかというと必ずしもそうとは限りません。

というのも、病院の方が患者の人数に対して事務員の数が多いからです。

1日100人の患者を受け付ける病院なら医療事務は2~3人いるとおもいます。

対する薬局はというと、

1日100人なら事務員は1人多くても2人です。

だから、

薬局事務の方が、事務一人あたりで処理する患者の数は多く必然忙しくなります。

といっても忙しさは患者数に依存するので場所によってそれぞれですけどね。

客層


病院の場合は、患者が病院を求めてくるから保険証提示や新患アンケートに協力的です。

薬局の場合は、処方箋だされたからしぶしぶ薬をもらいにくる。病院でまたされて、薬局でもまたされイライラしてくる人は多い。

病院でアンケートと保険証確認をしているので薬局でもまた書くのと嫌な顔をされる。

患者の薬局への対応は病院に比べると冷たいと思ってもらったほうがいい。

収入や待遇


医療事務も調剤事務もどちらも給料面に差はない。

決して高いとは言えないが、医療機関なのでだいたい定時にあがることができる。

18時や19時までのところが多いが中には遅くまでやってたり、日曜日もやってたりすることろもある。

薬局はチェーン展開しているとこが多く大手であれば福利厚生有給夏期休暇社内規定などがしっかりとしている。

病院は大きな病院以外はどこも医者一人の個人経営が多いので残業・有給とかの規定があやふや。

もし気難しい医師だと働くことが常にストレスになる。探すなら優しい医師と評判なとこがいいとおもう。

薬局の場合は薬剤師が複数名いるし入れ替わりが激しいので、気むずかしい人が一人くらいいてもあまり気にならない。

休日取得のしやすさについて


病院の場合
病院の休診日にあわせて取得することになる。
多いのが日曜+平日1日休診(木か水)
どこの病院も夏期休暇とるので夏期休暇は連続した休暇が保証される。
デメリットは自分では休みを選びづらいこと。

薬局の場合
薬局は病院が休みでも営業するからほとんどの薬局は週6日営業になるので日曜と平日どこか1箇所を指定して休むことになる。
周りとの兼ね合いがあるが普段からわがままを言っていなければ希望日に休みがとれる。
夏期休暇は病院に合わせて閉局するとこもあるけど、面からの処方箋が来るから営業するとこも多い。
そうすると交代で夏期休暇とるわけで長期連続休暇が難しいし、皆が休みたがるお盆は休みをとるのは難しい。
逆に、旅行好きの人はオフシーズンにとれたりするのでメリットでもある。

最後に


調剤事務や医療事務の違いについてもっと詳しく知りたい方は通信講座の資料請求を活用するといいです。資料請求だけなら無料だし比較してみると業務内容の違いがはっきりと分かります。

まとめて資料請求するならこちらがおすすめ
無料で資料を請求ボタン

医療事務
ここなら、ニチイ、ヒューマンアカデミー、日本医療事務協会、ソラストの資料請求を一括して行えるし、医療事務も調剤薬局事務も両方共請求することができます。